サイレントキラーに要注意|脳梗塞は治療可能

先生
このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈が詰まってしまう

頭を触る女性

脳浮腫の防止を

脳梗塞の治療で大事なことはいち早く血栓が詰まっている場所を特定して、取り除くことが一番重要なことになってきます。脳動脈のつまりを早く解消してやることで後で起こってくる後遺症を、最低限にすることができます。血栓が解けないあるいは詰まってしまったままということになれば、後遺症は甚大になりますし命を落とすことも考えなければなりません。また壊死してしまった脳細胞はむくんで大きくなってきますので、他の正常な脳細胞を圧迫して死に至らす恐れがあります。そうならないように薬で脳浮腫の防止をする必要が出てきます。またこの病気を発症すると脱水症状になることも多く、脳浮腫の防止とともに脱水症状の緩和も行っていかなければなりません。

直接血栓を除去

脳梗塞の治療に当たっては3時間以内に投与すると、脳の中の血栓が解けてしまうという良い薬も開発されていますが、これはあくまで早く発見された時の治療方法になります。時間がたってから発見されて3時間以上経過している場合はこの薬は効果がありません。最近は3時間以上たっていたとしても血栓を直接取ってしまう方法も開発されています。太ももから内視鏡を差し込んで、脳まで到達させて直接血栓を取り除いてしまう治療方法です。この治療法ですと時間的な制限がありませんので時間がたっていても脳梗塞の治療が可能になっています。脳梗塞の治療もいろいろなものが開発されてきて延命できる確率も高くなってきています。重大なこの病気にならないようにすることも非常に大切なことです。

まずは病院探し

キーボードと聴診器

免疫療法はまだ世間一般に広まってないガン治療であるため、どこでも治療できるわけではありません。そのため、この療法を受けたいなら事前に病院を調べておくことが大切です。また他のガン治療と併用できるメリットもあります。

読んでみよう

病院で代表的な診療科目

病院

内科は、薬物などで体内から治療していく診療科目で、扱う症状、病気は幅広いです。城東区の大きな病院ではさらに部位別に、科目が細分化されています。かかりつけ医を前もって決めておくことで、スムーズかつそれぞれに合わせた治療が期待できるでしょう。通いやすく評判がよい病院を選ぶと、便利に安心して利用できます。

読んでみよう

診察のスタイルが豊富

病院

平野区は色々なタイプの病院の揃った人気のエリアです。専門性の高い好条件の病院が多いので、他の地域からの利用者も増えています。ただ目的に合わない病院を利用すると、きちんと望んだ治療を受けられないので、診療の前に下調べをする必要があります。

読んでみよう